インプラント

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え、あごの骨としっかり固定させた後、その上に人工の歯を装着させたものです。これにより取り外しの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛むことが可能となる画期的な歯の治療法です。

img_implant03.jpg

Q&A

Q.1 あごの骨に金属を埋め込んでも身体には害はないのですか?

使用する金属は、生体となじみ易く、腐食しないチタンですので安全です。

Q.2 インプラント治療が適用できない場合がありますか?

下記のケースでは適用できないこともあります。

  • 骨の成長が終わっていない年齢(だいたい16才以下)の方
  • アルコール依存症の方
  • チタンへのアレルギーを持っている方 等

詳しいことは担当医にご相談ください。

Q.3 インプラントの治癒期間は?

通院期間は治療の内容で個人差があり、通常約3~6ヶ月くらいかかります。また、通院回数も個人差で異なりますが、通常は約6~8回くらいです。

Q.4 手術は痛くないですか?

手術は局所麻酔で行いますから痛みの心配はありません。手術は約1~2時間くらいです。

Q.5 インプラントはどれくらい(寿命)もちますか?

インプラント自体は錆びたり変質したりすることはなく半永久的です。しかしひとり一人の身体同様、インプラントの寿命もそれぞれ異なります。特にお口の中の手入れは寿命に影響します。

Q.6 治療は保険でできますか?

現在は残念ながら保険を使用することはできません。費用はインプラントをする範囲や難易度によって異なりますので当院までご相談ください。

○症例 述語8年経過したインプラントのレントゲン写真と口腔内写真

img_implant01.jpg

レントゲン写真

img_implant02.jpg

口腔内写真

8年間問題なく機能しています。

審美歯科

○オールセラミック

歯の色や形が気になる・・

オールセラミックなら美しさや輝きを手に入れることはもちろん、歯の形を変えることも可能です。

img_ceramic01.jpg

神経を抜いたために変色し、他の歯と色が合わなくなった前歯。

arw_implant04.gif
img_ceramic02.jpg

オールセラミックの薄い板を貼り付け、審美的に調和のとれた美しさが得られました。

かぶせたクラウンと歯肉の間が黒くなってしまって・・

オールセラミックは金属を使っていないので、歯と歯肉の隙間から金属が見えることがありません

img_ceramic01.jpg

時間経過によりクラウンの裏の金属が露出して、隙間が黒く見えます。

arw_implant04.gif
img_ceramic02.jpg

オールセラミックは金属を使っていないので隙間から黒い金属が見えることはありません。

お口の中の金属のクラウンが気になる・・

お口の中の金属は意外と目立つものです。オールセラミックなら笑顔に自身がもてます。

img_ceramic01.jpg

虫歯だった奥歯を銀色の詰め物で治療した患者さんです。

arw_implant04.gif
img_ceramic02.jpg

欠けた歯の治療と同時にオールセラミックにすることで、天然歯と変わらない白さと輝きを得ることができました。

○その他の被せ物

オールセラミック
オールセラミック
セラミックは自然の歯の色に近いため、最も審美性に優れています。また金属を一切使わないため金属アレルギーの心配もありません。
メタルボンド
メタルボンド
全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものです。土台が金属のため強度が高いです。
ハイブリッドインレー
ハイブリッドインレー
セラミックにプラスチックを混ぜることで、審美性を保ちつつ柔らかく周囲の歯にダメージを与えにくいのが特徴です。
ゴールド
ゴールド
金は、最も適合が良く二次的な虫歯になりにくいです。審美性を考慮すると奥歯に使用することが多いです。